契約の流れ

FLOW

部屋の条件を考える

具体的な物件探しをする前に、まずは自分の中で「理想の住まい」をイメージしておきましょう。希望条件を具体的に書き出してみるのがポイントです。不動産会社と具体的に条件の話をする際、以下のような項目を決めておくとスムーズです。

  • 住みたいエリアはどこか
  • どういう生活をしたいか
  • 間取りタイプは
  • 賃料の予算は

賃貸情報サイトで物件を探す

ある程度条件をしぼりこめたら、いよいよ物件探しです。賃貸検索サイトを使ってどんどん色んな物件を見てみましょう。

→不動産のea賃貸物件検索サイト

不動産会社に行く

見たい物件が決まったら該当物件を取扱う不動産会社に行って、物件の詳細確認を行います。

内見して物件を決定する

詳細を確認して問題なければ積極的に内見(実際に部屋を見てみること)へ行ってみましょう。
複数候補を内見して他と見比べ、自分にぴったりの物件を決定します。

しかし該当物件がいつまでも空き家とは限りません。
人気物件は掲載からわずか1日で入居者が決まってしまうことがあります。
人気物件を押さえる時にはあらかじめ入居申し込みに必要な書類(源泉徴収票など)は準備しておくと良いでしょう。基本的に物件の入居は内見順に決まっていきます。内見が早い人から入居審査に臨み、入居審査に通過すれば入居できる、といった手順です。

申込~入居審査を受ける

内見をして気に入った物件を決めたらいよいよ契約。「入居申込書」に住所・氏名・勤務先・年収・勤続年数などの必要項目を記入し、正式に申し込みます。

重要事項説明を受ける

一般的な賃貸借契約には、「重要事項説明」という流れが発生します。これは、文字通り対象となる物件の仕様や契約の詳細確認をする大事なもの。この説明を受け、問題ないと契約者が判断し合意することで契約成立となります。宅地建物取引士の資格を持った担当者が基本的には不動産会社で書面をもとに口頭での説明をしてくれます。

契約手続きをする

無事入居審査が完了したら、契約内容の詳細を改めて確認し、問題なければ契約の手続きに入ります。

物件の引渡しを済ませる

すべての契約内容に合意し手続きを終えたら、いよいよ物件の引渡しです!
荷造りや引越業者の手配など契約後もすべきことは盛りだくさん。きちんと整理して事に臨みましょう。